基調講演

K-1オープニング:創業20年の歴史

ワールドワイド・フィールド・オペレーション担当取締役副社長 ロブ・サーモン

K-2ネットアップ日本法人アップデートおよび戦略

ネットアップ株式会社 代表取締役社長 岩上 純一

K-3国内企業ITリーダーによる講演

株式会社リクルートテクノロジーズ 執行役員 CTO	米谷 修 様

1988年リクルート入社。経理部配属後、グループ会社の会計システムを「自作」するなど自ら手を動かしてシステムを作る日々を過ごす。「リクナビ」の開発リーダー時代は開発コストの半減など大胆な構造改革を果たす。その後インフラ基盤の専門組織を立上げ、クラウド導入によりPVコスト大幅に圧縮。Hadoopも他社に先駆けて早期に導入、100を越える案件が稼働中。「自ら・徹底的に」 検証する、が信条。2012年10月より現職。趣味はサーバースペックの暗記とゴルフ。

株式会社東芝	執行役上席常務 セミコンダクター&ストレージ社 副社長 錦織 弘信 様

横浜国立大学で化学工学を学ぶ。80年富士通株式会社海外営業部に入社。95年から2000年まで富士通ドイツ社長としてコンピューター周辺機器ビジネスに従事。2000年の帰国後は、ハードディスクビジネスを推進。2006年富士通経営執行役。2009年の東芝による富士通ストレージビジネスの買収を機に株式会社東芝に入社。2010年東芝執行役常務。2012年6月に東芝執行役上席常務、セミコンダクター&ストレージ社副社長として、ストレージビジネスを担当。現在に至る。

K-4NetAppテクノロジーの今、そして今後のビジョン

クラウドやビッグデータが一部の企業の課題でなくなる2013年、ストレージはどうあるべきか?本セッションでは、「アジャイル・データインフラ」というビジョンのもとネットアップが展開する現在そして今後の方向性をご紹介します。Hadoopやフラッシュメモリなど、注目のパートナーとの、国内における最新の取り組みもご紹介する予定です。

米国ネットアップ	Products and Solutions Marketing VP	ブレンドン・ハウ

ページの先頭へ